神護寺②

まずは、大師堂から参拝です。

空海が神護寺の前身「高雄山寺」に拠点を置いていた時

に住んでいた「納涼房」を復興させた仏堂です。

現在の建物は桃山時代の再建。

内部には板彫弘法大師像が安置されています。

重文大師堂前

重文大師堂前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神護寺の国宝である金堂本尊がこの木造

薬師如来立像です。

深いありがたみを感じさせてくれるお顔が

印象的です。

本来、仏像は左右均等に創作されるのですが

神護寺の薬師如来は、その概念から逸脱しています。

まるで、人間がそのまま仏として創作されたかの

様に、作られています。

神護寺の薬師如来は、国宝第二号に指定され

平安時代前期の一木彫像の頂点に位置する

仏像です。

薬師瑠璃光如来

薬師瑠璃光如来

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太いカヤの木からまるまる切り出された像

(両手先を除く)には並外れた力強さがあります。

この薬師像には、人間の醜さを憂い悲しむ顔に

見えてきます。

まるで、不動明王に似通っているように

私は思えるのです。

鑑定の仕事で疲れた時は、神護寺の薬師像から

パワーを頂いています。

合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました