2022年5月に事務所を移転いたします。誠に勝手ながら、4月中旬から5月中旬まで対面での鑑定は休止させていただきます。
NO IMAGE

地蔵菩薩②

先日、矢田寺を参詣致しました。

ここは光仁7(816)年に日本で初めてつくら

れたとされる地蔵菩薩がご本尊のお寺。この

お地蔵様は代受苦(だいじゅく)地蔵と呼ば

れ、人々の苦しみを代わってくださるといわ

れています。なぜ、このお地蔵様が苦しみを

代わってくれるのかというと、こんな説話が

残されています。

閻魔大王といえば、死者の魂を天国に行くか

地獄に行くかを決める裁判官。平安時代、こ

の閻魔大王は矢田寺の住職だった満米(まん

まい)上人から菩薩戒(ぼさつかい:菩薩が

受持する戒)を受けました。その時、上人は

閻魔大王に「地獄を見せてください」と頼み

ます。上人が閻魔大王から地獄を見せてもら

った際、炎が煮えたぎる鉄釜の中に一人の僧

侶がいることに気がつきます。よく見ると、

僧侶は鉄釜の中にいる人を助けているので

す。もちろん、鉄釜に入っている人間は現世

で罪を犯した罪人です。その姿に感銘を受け

た上人は、その僧侶の姿を仏像に刻み、ここ

に安置したといわれているのです。

また様子が描かれた「矢田地獄縁起絵巻」

が、矢田寺に遺されています。

さらに、このお地蔵様には安産祈願・子孫繁

栄・病患悉除・万霊供養の霊験があるといわ

れています。

代受苦 地蔵菩薩
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

運勢鑑定の最新記事8件

>和じゅん式四柱推命

和じゅん式四柱推命

「開運」とは、文字通り運命を開くということです。開いて、さまざまな形の自分の潜在能力、自分の知らなかった可能性が動き出すのが「開運」です。これは、「気づき」と大いに関係しています。つまり気づいた瞬間、それが新しい運命となるのです。その「気づき」をより具体的に開運なされるために、古来からの伝承や書物等から独自の研究を重ね完成したのが「和じゅん式四柱推命」です。 皆さまが、幸福に健やかな人生を送れるように「開運」のお手伝いをさせていただきます。