2022年5月に事務所を移転いたします。誠に勝手ながら、4月中旬から5月中旬まで対面での鑑定は休止させていただきます。
NO IMAGE

正倉院展

文化の日に正倉院展に行ってきました。

ミホミュージアムに続き、宝飾やデザインの

研修の為とは言え、歴史を感じさせる荘厳さは

現代にはない輝きを放っています。

img_2305

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

68回目となる今年の正倉院展にも64件(初出陳は9件)

の宝物が展示され、宮内庁正倉院事務所による調査で

新しい発見があった宝物も公開されていました。

聖武天皇ゆかりの宝物のうち、シルクロードの香りを伝

える名品「漆胡瓶しっこへい」が、正倉院展では18年ぶ

りに出品されました。

石の上でふり返る尾長鳥おながどりを左右対称にデザイ

ンした「鳥木石夾纈屏風とりきいしきょうけちのびょう

ぶ」は花鳥をめでた当時の宮廷生活の雰囲気ふんいきが

感じられる宝物です。

世界でも類のないコレクションを誇ほこる古代楽器のう

ち中国生まれとされる管楽器で、セットで演奏されたと

考えられている「笙しょう」と「竽う」も出品されてお

り会場で天平の音色を想像してみると楽しいかもしれま

せん。

正倉院展
正倉院展
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

護摩絵画の最新記事8件

>和じゅん式四柱推命

和じゅん式四柱推命

「開運」とは、文字通り運命を開くということです。開いて、さまざまな形の自分の潜在能力、自分の知らなかった可能性が動き出すのが「開運」です。これは、「気づき」と大いに関係しています。つまり気づいた瞬間、それが新しい運命となるのです。その「気づき」をより具体的に開運なされるために、古来からの伝承や書物等から独自の研究を重ね完成したのが「和じゅん式四柱推命」です。 皆さまが、幸福に健やかな人生を送れるように「開運」のお手伝いをさせていただきます。