2022年5月に事務所を移転いたします。誠に勝手ながら、4月中旬から5月中旬まで対面での鑑定は休止させていただきます。
NO IMAGE

護摩供養修行2

  • 2014年3月14日
  • 修行
  • view
結跏趺坐
結跏趺坐

出家した当初は、正座に苦労していた事を思い出します。
私は、成長期に起こる膝の軟膏が出る傷害を負っており、正座は5分も持ちませんでした。僧侶としては致命的な傷害です。

毎日、風呂の中で膝と足首をマッサージやストレッチしながら正座を繰り返しました。
5分から10分、15分・・・30分と徐々に座れるようになり、今では一時間は余裕で座れるようになりました。

さて、結跏趺坐という座り方をご存知でしょうか。
インドの修行僧によく見かける座り方です。

護摩供養では、結跏趺坐を2時間座り続けるのです。
正座と違い、股関節、足首、膝、腰などに大きな負担となります。

晨朝護摩
晨朝護摩
でも、修行中の時は不思議と苦痛は感じられず、ただ仏と向き合い気付いたときには行を終えているのです。

降壇して、ホッとした瞬間、苦痛と共に腰から砕け落ち数分の間、シビレ地獄と向き合うのです。
正座や結跏趺坐は、僧侶にとって食事をとるのと同じくらい当たり前の行為なのです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

修行の最新記事8件

>和じゅん式四柱推命

和じゅん式四柱推命

「開運」とは、文字通り運命を開くということです。開いて、さまざまな形の自分の潜在能力、自分の知らなかった可能性が動き出すのが「開運」です。これは、「気づき」と大いに関係しています。つまり気づいた瞬間、それが新しい運命となるのです。その「気づき」をより具体的に開運なされるために、古来からの伝承や書物等から独自の研究を重ね完成したのが「和じゅん式四柱推命」です。 皆さまが、幸福に健やかな人生を送れるように「開運」のお手伝いをさせていただきます。