2022年5月に事務所を移転いたします。誠に勝手ながら、4月中旬から5月中旬まで対面での鑑定は休止させていただきます。
NO IMAGE

十一面観音菩薩

十一面観音菩薩には十一の顔のがあり、正面の3面は
「慈悲」の顔で、左側の3面は「怒り」の顔、右側の3面は
「牙」を出した顔、後ろは「暴悪大笑面」とも呼ばれ、大笑い
している顔の作りになっています。
十一面観音菩薩の後ろの顔は、見えない所でも笑いながら
生きていき、後ろに隠れていてもすべて見ているので卑怯な
ことはできないなどの意味があるとされています。
十一面観音菩薩の十一面の顔は、その方向を観るだけでなく
仏の十の誓願がこめられています。

十一面観音菩薩
十一面観音菩薩

一、諸病の苦をとる

二、如来の愛護を得る

三、財宝を得る

四、敵の危害から守る

五、上司の庇護を受ける

六、毒蛇、寒熱の苦を免れる

七、刀杖の害を受けない

八、水に溺れない

九、火に焼かれることがない

十、天命をまっとうすることができる

このような誓願がこめられていることなどから
十一面観音菩薩を拝むと災害から免れるとして多くの信仰を集めました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

護摩絵画の最新記事8件

>和じゅん式四柱推命

和じゅん式四柱推命

「開運」とは、文字通り運命を開くということです。開いて、さまざまな形の自分の潜在能力、自分の知らなかった可能性が動き出すのが「開運」です。これは、「気づき」と大いに関係しています。つまり気づいた瞬間、それが新しい運命となるのです。その「気づき」をより具体的に開運なされるために、古来からの伝承や書物等から独自の研究を重ね完成したのが「和じゅん式四柱推命」です。 皆さまが、幸福に健やかな人生を送れるように「開運」のお手伝いをさせていただきます。