2022年5月に事務所を移転いたします。誠に勝手ながら、4月中旬から5月中旬まで対面での鑑定は休止させていただきます。

護摩供養修行4

  • 2014年6月20日
  • 修行
  • view

護摩供養に使う護摩木用材として国内で昔から知られているのは、ウルシ科ウルシ属のヌルデである。
「護摩木」の名はヌルデの異名にもなっている。しかしながら、ヌルデ自体が中々採取できないので
修行で使用する護摩木は松か杉の木を使います。
松や杉の木は火が散るので法衣が穴だらけになってしまいます。ですので、修行用と法事用に分けて
法衣を着用しています。
護摩木は24CM(壇木)と16CM(乳木)の長さに切り分け本末(ほんまつ)の本の部分に墨を塗ります。
釜に投げ入れる時は、末から本に投げ入れる決まりがある為です。
壇木は37本と乳木は157本、予備木が12本~15本位が必要となります。
これを一日3回護摩供養すると630本を要します。
ナタで割っている時は、無心で割続けます。私の場合、心乱れている時はいつも、護摩木を作っています。
ですから、結構な量になっています。

IMG_0282[1]         IMG_0284[1]

最新情報をチェックしよう!

修行の最新記事8件

>和じゅん式四柱推命

和じゅん式四柱推命

「開運」とは、文字通り運命を開くということです。開いて、さまざまな形の自分の潜在能力、自分の知らなかった可能性が動き出すのが「開運」です。これは、「気づき」と大いに関係しています。つまり気づいた瞬間、それが新しい運命となるのです。その「気づき」をより具体的に開運なされるために、古来からの伝承や書物等から独自の研究を重ね完成したのが「和じゅん式四柱推命」です。 皆さまが、幸福に健やかな人生を送れるように「開運」のお手伝いをさせていただきます。